2018年 静岡県公立小中学校事務職員会Web (http://habataki-sjsk.com)



  ~メッセージ ボード~  
  
       新型コロナ対策大変ですね。事務職員が出来ることをすすめ、学校が団結してこの難関を突破しよう。
 
 

事務提要データ配信



 ※提要編集委員会のページより
     ダウンロードして下さい。
 ※2年度改訂版を配信中
 

会員ページ ログイン

カウンタ

COUNTER648627

オンライン状況

オンラインユーザー2人
ログインユーザー0人

研究部

研究部は、会員の資質向上を図るため学校事務に関わる研究事業を行っています。

 

1 研究テーマ

「子どもの豊かな育ちを実現する学校事務」

2 年次別研究目標

「子どもの豊かな育ちを支援する」

3 重点目標

「事務組織の機能化」

4 研究の重点

(1) コスモスプランの実践とグランドデザインの策定

コスモスプランを理解することで、経験年数や成長段階を意識した個々のビジョンを描き実践する。

また、コスモスプランの成果と課題を検証し、グランドデザインの策定に生かす。

(2) 「事務をつかさどる」職の研究

平成29年の学校教育法の改正に伴い、学校におけるマネジメント機能を十分に発揮できるようにするために、事務職員の専門性を生かしつつ、より主体的・積極的に公務運営に参画することが求められている。

子どもの豊かな育ちのため教育的な見識を持ち、共同して事務処理を行う組織の運営やコミュニティースクールへの関わりなど、新たな職務について研究する。

(3) 統括能力の向上

学校マネジメント機能を向上させるため、学校事務部門の総括者として事務部の経営を行う能力を高める。

 

 

教育関連ニュース

  • 「自殺ゼロ」「データ一元化」 総裁選4候補がこども政策アピール
  • 多様なニーズに応じた地域の保育所 厚労省検討会が論点を協議
  • 23年度に高校で日本語指導を制度化 報告書案を大筋了承
  • 外国につながりのある高校生 日本語指導だけではない壁
  • ロボットが授業で対話に参加 三重大附属小が阪大と研究
  • 内定取り消し136人、うち高校生20人 今年3月の新卒者
  • 「いじめの重大事態など早期に適切対応を」 文科省が全国に要請
  • 「ここ一番の政策で譲らない文科省になる」 新次官あいさつ
  • 学校と家庭の両面で情報教育支援 文科省、10月組織改編
  • 小学校で使われる赤白帽 赤は白より表面温度が10度高く

重要なお知らせ

【サイト表示に関する件】
ファイルが取り出せない。
カレンダーに予定が表示されない…などの時。
internetExplorerの「ツール(T)」にて「互換表示設定(B)」を選び、
habataki-sjsk.com」サイトを追加してください。