2018年 静岡県公立小中学校事務職員会Web (http://habataki-sjsk.com)



  ~メッセージ ボード~  
  
       新型コロナ対策大変ですね。事務職員が出来ることをすすめ、学校が団結してこの難関を突破しよう。
 
 

事務提要データ配信



 ※提要編集委員会のページより
     ダウンロードして下さい。
 ※3年度版を配信中
 

会員ページ ログイン

カウンタ

COUNTER854752

オンライン状況

オンラインユーザー3人
ログインユーザー0人

研究部

研究部は、会員の資質向上を図るため学校事務に関わる研究事業を行っています。

 

1 研究テーマ

「子どもの豊かな育ちを実現する学校事務」

2 年次別研究目標

「子どもの豊かな育ちを支援する」

3 重点目標

「事務組織の機能化」

4 研究の重点

(1) コスモスプランの実践とグランドデザインの策定

コスモスプランを理解することで、経験年数や成長段階を意識した個々のビジョンを描き実践する。

また、コスモスプランの成果と課題を検証し、グランドデザインの策定に生かす。

(2) 「事務をつかさどる」職の研究

平成29年の学校教育法の改正に伴い、学校におけるマネジメント機能を十分に発揮できるようにするために、事務職員の専門性を生かしつつ、より主体的・積極的に公務運営に参画することが求められている。

子どもの豊かな育ちのため教育的な見識を持ち、共同して事務処理を行う組織の運営やコミュニティースクールへの関わりなど、新たな職務について研究する。

(3) 統括能力の向上

学校マネジメント機能を向上させるため、学校事務部門の総括者として事務部の経営を行う能力を高める。

 

 

教育関連ニュース

  • 教員免許の再授与申請 ペーパーティーチャー記者が挑戦
  • 高校入試で部活動をどう評価? 地域移行で見直しも視野
  • 文科省、夏休みのGIGA端末活用通知 「より創造的な課題も」
  • 学校と生涯学習の接続の視点を充実 議論の整理案を検討
  • 日本語学習サイトにウクライナ語版 文化庁
  • コロナ休校44校 学年・学級閉鎖は572校
  • 教員研修の指針・ガイドライン最終案 「記録」負担に配慮を強調
  • 指導が不適切な教員に対する人事管理のガイドライン 改定案公表
  • 大阪府は控訴せず、吉村知事が表明 教員側勝訴の地裁判決受け
  • 地域の人々と出会い、考える 宮崎県新富町の新しい修学旅行

重要なお知らせ

【サイト表示に関する件】
ファイルが取り出せない。
カレンダーに予定が表示されない…などの時。
internetExplorerの「ツール(T)」にて「互換表示設定(B)」を選び、
habataki-sjsk.com」サイトを追加してください。