2018年 静岡県公立小中学校事務職員会Web (http://habataki-sjsk.com)



  ~メッセージ ボード~  
  
       新型コロナ対策大変ですね。事務職員が出来ることをすすめ、学校が団結してこの難関を突破しよう。
 
 

事務提要データ配信



 ※提要編集委員会のページより
     ダウンロードして下さい。
 ※3年度版を配信中
 

会員ページ ログイン

カウンタ

COUNTER723155

オンライン状況

オンラインユーザー15人
ログインユーザー1人

研究部

研究部は、会員の資質向上を図るため学校事務に関わる研究事業を行っています。

 

1 研究テーマ

「子どもの豊かな育ちを実現する学校事務」

2 年次別研究目標

「子どもの豊かな育ちを支援する」

3 重点目標

「事務組織の機能化」

4 研究の重点

(1) コスモスプランの実践とグランドデザインの策定

コスモスプランを理解することで、経験年数や成長段階を意識した個々のビジョンを描き実践する。

また、コスモスプランの成果と課題を検証し、グランドデザインの策定に生かす。

(2) 「事務をつかさどる」職の研究

平成29年の学校教育法の改正に伴い、学校におけるマネジメント機能を十分に発揮できるようにするために、事務職員の専門性を生かしつつ、より主体的・積極的に公務運営に参画することが求められている。

子どもの豊かな育ちのため教育的な見識を持ち、共同して事務処理を行う組織の運営やコミュニティースクールへの関わりなど、新たな職務について研究する。

(3) 統括能力の向上

学校マネジメント機能を向上させるため、学校事務部門の総括者として事務部の経営を行う能力を高める。

 

 

教育関連ニュース

  • 臨時休校で初の全国一斉調査、1月26日付で実施 文科省
  • 共通テスト段階表示、文科相「気に掛かる」 48点で最高段階も
  • こども基本法案を今国会提出へ 自民党が議論開始
  • 人材育成の論点を総論と各論に整理 教育未来創造会議WG
  • 今年度中の取りまとめに向け 学校施設の関連部会が報告
  • 学校などの濃厚接触者へのPCR検査を当面取りやめ 名古屋市
  • 「対面教育の重要性は言うまでもない」 岸田首相が答弁
  • 特別支援教育を担う教師の育成 検討会議が論点整理案
  • 保育所の臨時休園が過去最多 27都道府県で327カ所
  • 特異才能への支援もリソース充実が不可欠 中教審部会

重要なお知らせ

【サイト表示に関する件】
ファイルが取り出せない。
カレンダーに予定が表示されない…などの時。
internetExplorerの「ツール(T)」にて「互換表示設定(B)」を選び、
habataki-sjsk.com」サイトを追加してください。