2018年 静岡県公立小中学校事務職員会Web (http://habataki-sjsk.com)



  ~メッセージ ボード~  
  
       新元号「令和」が幕を開けました。「令和」には、「人々が美しく心を寄せ合う中で、新しい文化、新しい時代を切り開いていく」という思いが込められているそうです。私たち学校事務職員も、こどもたちの希望に満ち溢れた未来のために、心を寄せ合い、力を合わせ頑張りましょう!
 
 

事務提要データ配信



 ※提要編集委員会のページより
     ダウンロードして下さい。
 ※30年度改訂版を配信中
 

会員ページ ログイン

カウンタ

COUNTER266240

オンライン状況

オンラインユーザー10人
ログインユーザー0人

研究推進委員会より

研究推進委員会
一件も該当記事はありません。

平成30年度 研究推進委員会活動方針

研究部研究テーマ
 「子どもの豊かな育ちを実現する学校事務」
1 活動目的
 「コスモスプラン」の理念を深め広げる
2 活動の重点
 「教育環境」
3 活動内容
 (1) 県大会の企画・運営
  ・平成30年度島田大会に向けて、全体会・分散会の準備に取り組む。
  ・「コスモスプラン」の理解・啓発をする場とする。
 (2) 県内各地の研究成果や情報の交換
  ・県内各地区で「研究計画及び総括」や「年間活動計画・報告」作成し、
    事務職員会ホームページへ掲載して周知する。
  ・県内各地区で取り組まれている、学校事務共同実施・兼務連携等に加え、
    共同学校事務室について研究し理解を深め、各地区における研究推進に
    活かす。
 (3) 静岡財務マンスへの取り組み
  ・11月を財務マンスとし、学校財務に特化した取り組みを行う。学校事務実践
    事例について実践レポートの募集を行う。
  ・過去の実践レポートの事例を参考に、各学校で教育環境整備を図るための
    企画、立案を行う。
 (4) 「段階的研修目標」及び「自己研修計画」の定着化
  ・「段階的研修目標」を有効活用するために、「自己研修計画」の改訂を行う。
 

平成29年度 研究推進委員会活動方針

研究部研究テーマ
 「子どもの豊かな育ちを実現する学校事務」
1 活動目的
 「コスモスプラン」の理念を深め広げる
2 活動の重点
 「教育環境」
3 活動内容
 (1) 県大会の企画・運営
  ・平成29年度下田大会に向けて、全体会の準備に取り組む
  ・平成30年度志太大会に向けて、全体会の準備に取り組む
  ・「コスモスプラン」の理解・啓発をする場とする
 (2) 県内各地区の研究成果や情報を交換する
  ・県内各地区で「研究計画及び総括」や「年間活動計画・報告」を作成する。
  ・事務職員会ホームページに掲載し、周知する
  ・県内各地で取り組まれている、学校事務共同実施・兼務連携等に加え、
   コミュニティースクールへの事務職員としての関わり等について理解を
   深め、各地区における研究推進を図る。
 (3) 静岡財務マンスの活動に取り組む
  ・11月を財務マンスとして、学校財務に特化した取り組みを行う。
   学校事務実践事例について実践レポートの募集を行う
  ・過去の実践レポートの事例を参考に、各学校で教育環境整備を図るための
   企画、立案を行う
 (4) 「段階的研修目標」及び「自己研修計画」の定着を図る
  ・「段階的研修目標」を有効活用するために、「自己研修計画」の改訂を行う
 

平成28年度 研究推進委員会活動方針

研究部研究テーマ
 「子どもの豊かな育ちを実現する学校事務」
1 活動目的
 「コスモスプラン」の理念を深め広げる
2 活動の重点
 「教育環境」
3 活動内容
 (1) 県大会の企画・運営
  ・平成28年度静岡大会に向けて、全体会・分散会の準備に取り組む
  ・平成29年度下田大会に向けて、全体会の準備に取り組む
  ・「コスモスプラン」の理解・啓発をする場とする
 (2) 県内各地区の研究成果や情報を交換する
  ・県内各地区で「研究計画及び総括」や「年間活動計画・報告」を作成する。
   事務職員会ホームページに掲載し、周知する
 (3) 静岡財務マンスの活動に取り組む
  ・11月を財務マンスとして、学校財務に特化した取り組みを行う。
   学校事務実践事例について実践レポートの募集を行う
  ・過去の実践レポートの事例を参考に、各学校で教育環境整備を図るための
   企画、立案を行う
 (4) 「段階的研修目標」及び「自己研修計画」の定着を図る
  ・「段階的研修目標」を有効活用するために、「自己研修計画」の改訂を行う
 

平成27年度 研究推進委員会活動方針

研究部研究テーマ
 「子どもの豊かな育ちを実現する学校事務」
1 活動目的
 「コスモスプラン」の理念を深め広げる
2 活動の重点
 「人材育成」
3 活動内容
 (1) 県大会の企画・運営
  ・平成27年度富士・富士宮大会に向けて、全体会発表の準備に取り組む
  ・平成28年度静岡大会に向けて、全体会・分科会の準備に取り組む
  ・「コスモスプラン」の理解・啓発をする場とする
 (2) 県内各地区の研究成果や情報を交換する
  ・県内各地区を「研究計画及び総括」や「年間活動計画・報告」を作成し、事務職員会ホームページに掲載する
 (3) 全事研の研究活動に協力する
  ・財務ウィーク等の全事研の研究活動に協力する
  ・全事研年次目標「カリキュラム」を念頭に置いた研修活動の推進を行う
 (4) 「段階的研修目標」及び「自己研修計画」の定着を図る
  ・「段階的研修目標」を有効活用するために、「自己研修計画」の改訂を行う

  ※2015/8/26「事務研究会の歴史とコスモスプラン」のプレゼンの資料提供
   が研究推進委員会よりありました。
   会員ページ → 会議録書庫の資料冊子のフォルダーへ移転

 

平成26年度 研究推進委員会活動方針

平成26年度 研究推進委員会活動方針

研究テーマ
 「子どもの豊かな育ちを実現する学校事務」

1 活動目的
 「コスモスプラン」の理念を深め広げる

2 活動の重点
 「人材育成」

3 活動内容
 (1) 県大会の企画・運営
  ・平成27年度富士宮大会に向けて、全体会発表資料の作成に取り組む
  ・「コスモスプラン」の理解・啓発をする場とする
 (2) 県内各地区の研究成果や情報を交換する
  ・県内各地区を「研究計画及び総括」や「年間活動計画・報告」を作成し、事務職員会ホームページに掲載する
 (3) 全事研の研究活動に協力する
  ・財務ウィーク等の全事研の研究活動に協力する
  ・全国大会静岡大会への参加を呼びかける
  ・全事研年次目標「人材育成」を念頭に置いた研修活動の推進を行う
 (4) 「段階的研修目標」及び「自己研修計画」の定着を図る
  ・「段階的研修目標」を有効活用するために、「自己研修計画」の様式改訂を行う

 

お知らせ


☆★ 25年度 研究大会テーマ ★☆
 
「子どもの豊かな育ちを実現する学校事務」
 
★☆ サブテーマ ☆★
「つなげよう、コスモスプランの思いを次世代へ」

県大会日程
 
(1)日 時  平成25年8月2日(金)
(2)会 場  浜北文化センター
(3)内 容  講義・分散会協議



☆★ 24年度研究テーマ ★☆
 
「子どもの豊かな育ちを実現する学校事務」
 
★☆ 研 究 の 重 点 ☆★
キ ャ リ ア デ ザ イ ン を 考 え る 。
 
(1)学校教育目標や校長の経営方針を的確に捉えた事務経営を行い、積極的に学校経営に参画する。
(2)教育活動支援のため、学校事務の見直しや改善を通して、意識して資質の向上を図る。
(3)他職と協働して、学校事務を推進する。
 

重要なお知らせ

【サイト表示に関する件】
ファイルが取り出せない。
カレンダーに予定が表示されない…などの時。
internetExplorerの「ツール(T)」にて「互換表示設定(B)」を選び、
habataki-sjsk.com」サイトを追加してください。
 

教育関連ニュース

  • 【共通テスト】全英語民間試験 8月内に文科省HPに概要
  • 山中伸弥氏、池上彰氏ら 理系人材育成を語る
  • 【佐藤昌宏教授】EdTechの可能性 都総合教育会議で講演
  • 学校の水泳指導の委託事業 コナミスポーツが全国展開へ
  • 国研が授業アイデア例を公開 全国学力調査結果受け
  • 19歳以下の離職率は依然高く 理由は「職場の人間関係」
  • 「知的障害者が学べる環境を」 神戸大が新たな取り組み
  • 夏休み明けに教職員増員 いじめ問題対応で岐阜市教委
  • 気候変動を光で捉えよう JAXAが小学生向けイベント
  • ファイアトーチでやけど 名古屋市が中止含め見直しへ